ボランティア活動 in 熊本

『平成28年熊本地震』により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
 

先日のニュース記事で『大型連休が終わってからはボランティアへの参加者も減少傾向にある』旨の記事が目に留まりました。

大坪産業の経営理念でもある“共存共栄”。そして行動指針の一つとして掲げている“地域社会と共に”。
 

熊本の復興のため微力ではありますが、≪ボランティア活動への参加≫を可能な範囲で実施します。

社員がボランティア活動へ参加し、熊本の人々と触れ合う事で、復興の一助となれば幸いです。

 

活動日 参加者 参加した感想
2016年6月22日

弊社による、『熊本復興ボランティア参加』について

 

ボランティア活動の受付人数が減少しており、熊本に到着した時点で受け付けが終了している可能性が非常に高くなっているため、現状ではボランティア活動への参加を見合わせております。

2016年6月2日
真っ白い旗に日本の国旗が描かれており、黒字で震災復興祈願の文字が入っています。
H・Sさん 今回のボランティア活動に参加して大変良かったと思いました。作業の方は、主に家財道具の搬出でした。男性6人グループでの作業でしたが、大変な作業でした。最後の頃には、家主さんも涙目になって『ありがとう、ありがとう』とおっしゃいました。
つくづく人と言う字は、人と人との支え合いだと実感しました。
頑張ろう 熊本県!
K・Mさん

熊本にボランティアへ行き、熊本の今を見て地震の凄さを痛感しました。
少しは力になれたと思います。
機会が有れば、ぜひ行きたいです。

2016年5月26日
集積所の写真 純白の災害支援車両も停車しています

            M・Kさん 5/26に熊本へボランティアに行きました。震災ゴミの集積場での仕分け作業をしてきました。次から次にトラックが荷物を積んで来るのを見て普通の生活に戻るのは、まだまだ先になると感じました。頑張れ熊本!!(^o^)/

Y・Kさん

現地に行ってみて、今熊本は本当に大変だなと思いました。参加して、まだこれからが色々と大変だと思いました。まだ作業しないといけない事がいっぱいあったので、また時間がある時は参加したいと思います。
2016年5月19日
4名のボランティア参加者のうち右の2名が大坪産業の社員です
T・Nさん 一緒にグループを組んで作業をした方は横浜から来られており、5日間連続でボランティア活動に参加されるとの事でした。費用は全て実費です。本当に頭が下がります。
Y・Kさん 今までの私のボランティア経験と言えば、我が子のボーイスカウト活動への協力ぐらいで、今回のような災害現場での活動は初めてであり、日本全国から多くの方が参加されている事に驚くとともに、我社の経営理念である『共存共栄』を体現する貴重な機会が得られたと思います。

(c) 2016 OHTUBO INDUSTRY COMPANY LTD.

  • トップページ
  • メニュー
  • サイトマップ